HOME > 活動報告情報

川村貞夫の活動報告Report

鏡地区の見聞バス

高知大学生14名参加

2008年5月18日

終日鏡地区の自然や文化に触れる

 新緑がますます輝きをみせてきた5月18日(日)に高知大学生14名はスクールバスに乗り込み終日かけて中山間地域の鏡地区を見て回りました。
 ガイド役を買って出た川村市議(元鏡村長)は、県外から高知に来て、大学で学んでいる学生を相手に自然や民俗文化、人々の暮らしにまで言及しながら解説をして行きました。学生の中には鏡地区で地域住民と一緒になって活動してきた者もいましたが、ほとんどは鏡が初めてと言うこ... 詳細を見る

四銀協働の森 絆の森交流会

雨にもめげず間伐や植樹活動

昼食は地元の女性陣が山菜料理を提供

 県のすすめる協働の森事業に県内企業として唯一参加している四国銀行(頭取青木章泰)は、高知市が所有する鏡柿の又の公有林を中心に交流会を開きました。
 あいにくの雨天にもかかわらず、朝倉第二小学校の児童や行員、地元の人や森林ボランテイアのメンバーも支援に駆けつけ総勢100人が間伐や植樹の作業を行いました。
 青木頭取と岡崎市長が、今後10年間絆の森として継続する決意を語りあった後、それぞれが記念... 詳細を見る

TOTOどんぐりの森 植樹祭

企業CSR活動が進化する

2008年4月12日
 こうち森林救援隊(隊長 宮川幸久)が、TOTO 水環境基金の支援を受けて市民の森整備事業に取り組んでいますが、その一環事業として4月12日に、土佐山運動広場付近の公有林を会場として植樹祭を行いました。
 この植樹には、TOTO 本社や高松支店、高知営業所などの社員とその家族40名と救援隊の隊員ら30名に高知市や県の職員らが加わり総勢80人を越える参加者がどんぐり桜、オンツツジ、モミジを植えまし... 詳細を見る

直販所 鏡むらの店(万々店)改築オープン

2階に調理実習室 交流促進の拠点に

2008年4月1日
 「明るく 楽しく なつかしく」を建設コンセプトとして改築に取りかかっていた「鏡むらの店」万々店が完成しました。
 平成7年に設立された直販店組合(組合長 神戸義彦)が、地産地消の拡大や食の安全・安心の将来を展望する中で、思い切って改築に踏み出したものです。今回の改築によって、2 階部分を新たに設け、料理教室も計画するなど一段と交流を深めていこうとしています。
 3月15日オープンセールには、... 詳細を見る

山菜狩りと春を味わう遊山

交流の輪も拡大

2008年4月6日
 鏡梅ノ木ガニ越地区農用地利用組合(組合長 川?文雄)は、「山菜狩りと春を味わう遊山」を4月の第1週から毎週日曜日に開催しました。
 高知鷹城ライオンズクラブ(会長 片岡純一)は、4 月6日に43名が中型バスに乗り込み、川村市議をガイド役にして現地を訪れ、山菜狩りを楽しんだ後、昼食は組合員手づくりの山菜料理に舌鼓を打っていました。
 市街地から程近い場所で野外体験とふるさとの味が楽しるとあって... 詳細を見る

高知ロータリークラブで水問題のスピーチ

2008年3月25日
 高知ロータリークラブに招かれて「合併後の高知市の水問題」としてスピーチを行いました。35万の新高知市の水は、鏡川や吉野川、仁淀川に守られていることや今後安定的な水源確保のためには、山の保水力を高める必要があること、バーチャルウォーターの問題などを話しました。
 昨年ロータリークラブが鏡地域での植樹や草刈などの奉仕作業に返礼したもので、川村市議は交流の輪がますます広がることを期待して話を結びまし... 詳細を見る

100名の宿泊が可能に

青少年の野外体験の拠点に

2008年3月22日

工石山青少年の家 リニューアル

 工石山青少年の家は、県から市へ移管されたことを受け、宿泊人数を100名にまで増やす工事や施設全体を塗り替える工事に取り掛かっていましたが、このほど完成し、3月22日リニューアルオープンの記念式典が行われました。
 青少年がパソコンや携帯電話などの出現によって、バーチャルな世界に閉じこもりがちになることから、工石山の県民・市民の森を利用した野外の実体験を通じて、健全な育成に役立てることが大いに期... 詳細を見る

1次産業を重視した環境共生産業の振興を提言

北村レポート

 高知県工業会(会長 北村精男)の北村会長が取りまとめた北村レポートが市議会でも取り上げられ、大きな注目を集めています。A4サイズで5ページの短いものですが、将来を展望した内容の濃いものです。
 このレポートではリスクの高い企業誘致戦略を見直し、高知県の地勢や地域文化の優位性に立脚した産業振興北村レポートを図り、そして外部進出に努めるべきだとしています。
 また、「今こそ、恩義ある農林水産業に... 詳細を見る

食の安全・安心研修会

調理実習と講演会

2008年3月8日
 中国から輸入された冷凍餃子に農薬が混入していた問題や昨年たびたび報道された食品の偽装や不当表示の問題が、改めて「食の安全・安心」という大きな社会問題になっています。
 3月8日、鏡むらツーリズム研究会(会長 和田満代)は、食の安全・安心をもっと身近な話題にしようと、午前中は手づくり餃子の調理実習を行い、午後には、ちさんネットの代表の大久保光夫先生の講演を聞きました。
 この研修会は移動農業委... 詳細を見る

エコツアー エコハウスの導入を

高知市森林(もり)づくり検討委員会 7部会から提言

2008年2月29日
 合併によって市域の6 割を森林が占めることになったことを契機に、森林の持つ多面的な機能を見直し、今後の市政に生かそうとして、平成18年6月に有識者14名からなる「高知市森林づくり検討委員会」(委員長 川田勲高知大学教授)を設け、2 か年にわたって協議してきたものを取りまとめ、2月29日に岡?市長に提出しました。
 森林づくり検討委員会はそれぞれの委員が7つの部会に分かれて短期間で多角的な取り組... 詳細を見る