HOME > 活動報告情報

川村貞夫の活動報告Report

学校給食の委託調理を試食

経済文教委員会が潮江東小学校で

学校給食が進化

 高知市は学校給食調理部門を外部委託し、民間企業のノウハウを生かして、経営の効率化を進めてきていますが、試行から本格実施へ移行したことから、先発の小学校での給食を試食しました。
 経済文教委員会の委員らは潮江東小学校を訪れ、小笠原校長から学校の規模や教育方針等を聞いた後、学事課の説明を受け、この日の給食を食べました。スパゲテイにコッペパン、汁物に牛乳といった懐かしい食事を体験しました。
 現在... 詳細を見る

桜の植樹地の草刈り

吉原ブライダルの森

新婚さんの記念植樹を守る活動

 吉原ふれあいの里は、合併記念の「市民の森雪光山」の東裾野に開ける人気スポットです。この場所の景観を少しでも良くしていこうと、毎年、(株)三翠園の協力を得て、新婚カップルに桜の植樹をしてもらっていますが、この草刈り作業が夏場の大きな仕事です。
 折角植えた桜にとっては、植樹後の4,5年が非常に重要となります。この時期にしっかりと手入れをしたところと、放置したところでは雲泥の差となります。
 受... 詳細を見る

志国龍馬ふるさと博が気を吐く

NHK大河ドラマのセットに興味

おもてなし隊がパフォーマンス

 昨年の空前の龍馬ブームによって、高知を訪れた観光客は大幅に増え、経済効果も多大なものがあった。この龍馬ブームを一過性に終わらせてはならないと、今年も龍馬にあやかって「志国龍馬ふるさと博」を展開しています。
 高知駅前には新しいパビリオンとして幕末志士社中が設けられ、大河ドラマで使った竜馬の生家セットを設置し、見学を呼びかけている。さらに、2つのおもてなし隊が活躍している。
 現代版のコスプレ... 詳細を見る

高知市平和祈念式で祈念碑に献花、献水

平和の尊さをつなぐ

2011年7月4日

高知市空襲を教訓にして

 高知市は昭和20年7月4日に大空襲を受け、市街地は焼け野が原となった。400名を超える市民が犠牲となったと伝えられている。高知市は、この7月4日を記念して、若い世代に戦争の悲惨さを伝え、平和の尊さを不断に築こうとして、戦後還暦を迎えた平成7年に平和祈念碑を建立し、その前で祈念式を行うようにしてきた。
 合併してからは命の水を供してきた鏡川の源流域の水を会場まで運び込み、祈念碑に献水している。今... 詳細を見る

救急救命講習会で、人工呼吸とAEDの講習

鏡吉原公民館で実施

16人が3時間の講習を受講

 鏡吉原地区公民館では、救急救命講習会を開き、16名が3時間の講習を受けました。初めに、ビデオで救急救命活動の事例を学習した後、ダミーの人形を使ってマウスツーマウスによる人工呼吸法と心臓マッサージのやり方を体験しました。
 一人ひとりがダミーの人形に向かって、真剣に習ったとおりの方法で救命措置を施していましたが、見るのと実践との違いを確認しながら精一杯習得に励みました。
 また、講習の後半には... 詳細を見る

安全安心のまちづくりを推進

みのり会が総会

尾崎知事も講演に駆けつける

 高知警察署で安全安心のまちづくり塾が平成15年から4年間実施された。この受講者が中心となって結成されたのが「安全安心まちづくり みのり会」である。このみのり会の平成23年度総会が共済会館で開かれた。
 この日は、会員らが60人ほど参加したが、総会の後半には尾崎知事も出席し、南海地震への備えを訴えるとともに、日頃の防犯、防災の実践をよびかけました。
 県は暴力団排除条例をつくり、県下市町村へ同... 詳細を見る

鏡川ホタルプロジェクトが始動

久礼野では現地研修、吉原ではホタルまつり

2011年6月13日

里山の昆虫を守ろう

 鏡川の清流を守り、人里の昆虫の代表格であるホタルを守り育てて行くプロジェクトが立ち上がった。ホタルプロジェクトである。
 6月13日には、現地にホタルを見に行こうと言うことで、高知市久礼野公民館に集い、ここで夕暮れまでホタルの生態や保護活動について話し合った。元市役所環境部の職員であった、大石桂三さんからホタルの生態について学べましたが、ここでも環境のバロメータと称されるホタルは、①人工の光を... 詳細を見る

四国銀行「絆の森」交流会

他行からの視察者も見学

2011年6月4日

木工で携帯ストラップも

 環境問題に先進的に取り組んでいる四国銀行は、高知県と協働の森事業におけるパートナーズ協定を結び、高知市鏡柿ノ又の市有林を舞台に「絆の森交流会」を毎年実施してきています。
 今年も6月4日に小学生や四国銀行の役員や行員、協力団体として間伐事業などを支援している「こうち森林救援隊」の隊員、さらに先進事例をつぶさに学ぼうと山陰合同銀行ら他行からの参加者ら80名を超す参会者が集いあった。
 午前の絆... 詳細を見る

森林資源の利用拡大を

高知市森林組合総代会開かれる

2011年5月27日

路網整備や団地化に努力

 高知市は、合併によって市域の56%を森林が占めることになってきましたが、この森林を中核的に守り育てているのが高知市森林組合である。
 この組合の平成23年度の総会が、5月27日に開かれた。総会と言っても、合併をした旧鏡、土佐山、高知市の3地区から選出された代議員によるもので、当日は約70人ほどが出席した。今年から代議員になった川村市議も出席した。
 中山間構造改善センターに集まった代議員たち... 詳細を見る

現代に生かそう龍馬スピリットを

第3回現代龍馬学会が開催される

海舟の玄孫や郷士坂本家の末裔も参加

 坂本龍馬記念館は今年開館20周年目を迎える。そのため、龍馬のあこがれたアメリカにまで足を延ばし、「自由や平和について青年と語ろう」としています。
 昨年は龍馬伝の放映で、全国的な龍馬ブームとなり、高知の観光まで大きく賑わいました。そのブームを一過性のものにしたくないと高知県は、「志国龍馬ふるさと博」を開催している。さらに、物議をかもした龍馬、半平太、慎太郎の3つの像の設置も高知駅前で一件落着し... 詳細を見る