HOME > 活動報告情報

川村貞夫の活動報告Report

鏡地区の隅々まで現地踏査

鏡地区見聞バス

今年はスクールバス満席で巡回

 毎年、鏡地区に赴任してきた教職員を中心に、鏡地区の自然や産業、地区にまつわる小話や文化などを見聞しながら巡回する見聞バスが行われました。

 スクールバスに乗り込んだメンバーは、鏡小中学校の教職員をはじめ、教育センターの職員、コミュニテイ推進課など総勢27名で、満席となりました。

 この事業のガイド役を買って出ている川村市議は、
①グローバルからローカルの視点で、②バーチャルからリア... 詳細を見る

新会派「新こうち未来」を7人で結成

国政選挙では議員個人の判断で

7人会派が3派に

 高知市議会議員選挙後の会派構成が決まりました。川村貞夫市議は今まで、1人会派で頑張ってきましたが、全市一区の市議選が実施され、議員数も大幅削減されたことを受け、小さな違いは乗り越え、大きくまとまることも重要だと考え新会派「新こうち未来」の結成に加わりました。

会派名:新こうち未来
代 表:戸田 二郎
幹事長:氏原 嗣志
会 計:川村 貞夫
構成議員:戸田二郎 氏原嗣志 川村貞夫 福... 詳細を見る

吉原河内神社のイチイガシ伐採

吉原公民館に危険が及ぶと懸念

大型ラフタが活躍

 市民の森に指定されている「吉原ふれあいの里」の河内神社の森は、平成3年に旧鏡村の文化財に指定されていましたが、この神社の境内にある樹齢200年を超えるイチイガシの大木が病魔に冒され、半分以上枯れてきていました。
 このまま放置すると、隣接する吉原公民館に危害が及ぶことが予想されてきたため、台風の襲来前に処分する方がよいのではないかと、伐採を決めました。
 文化財の指定がある森ですので、残すこ... 詳細を見る

市民の絶妙なバランス感覚

川村貞夫市議やっと三選

合併町村の市議現職は全員当選

 高知市議会議員選挙は、統一地方選挙の後半戦として17日告示、24日投票のスケジュールで行われました。三選を目指した川村貞夫候補は、17日の出陣式から市内を精力的に駆け巡り、103回の街頭演説をこなしました。
 24日の投開票日は、天候も良かったが投票率は低く、組織を持たない候補は相当苦労をすることが予想されました。
 しかし、市民の絶妙なバランス感覚で合併町村の市議現職はすべて当選しました。... 詳細を見る

森のようちえん活動を積極的に

ネットワークの結成へ

こどもの野外開放を目指す

 こども達の体験活動の充実と、今後さらなる体験活動の推進を図ることを目指した取り組みが現在すすんでいます。
 こどもたちに対する体験重視の活動は、デンマークやドイツなどで盛んに行われているが、日本でも近年急速に盛り上がりを見せてきている。
 高知県でもこうした気運が盛り上がってきており、高知県教育委員会や高知県森と緑の会などが中心となって、更なる活動を広めたいとしている。
 高知県教育委員会... 詳細を見る

第21回「鏡女のまつり」

骨髄移植の講話に感動

歌や踊り、意見発表などの多彩な催し

 鏡地域の春を呼ぶ祭りとして定着してきた「鏡女のまつり」が今年も盛大に開催されました。この祭りは、鏡地域の女性たちが実行委員会をつくり、実施してきている女性中心の大きなイベントです。
 開会式では実行委員長を務める高橋清子婦人会長が主催者を代表して力強く、挨拶をしました。続いて、市長代理の秋沢生涯学習課長や地元選出の川村貞夫市議からの祝辞、さらには連合婦人会長や日赤婦人会等からのお祝いが続きまし... 詳細を見る

森を守る。だから・・・

川村貞夫が後援会活動を展開中

合併後初の全市一区での選挙に挑戦

 今年の統一地方選挙は、前半の県議会議員選挙が4月1日公示、10日投開票、後半の市議会議員選挙が4月17日公示、24日の投開票の予定ですすんでいます。
 今回は高知市が旧鏡村や旧土佐山村、さらに旧春野町との合併後それぞれの旧自治体で特例措置によって、増員選挙で選ばれた議員がいましたが、この特例もなくなり、全市一区での初めての選挙戦となります。
 さらに、議員定数が44人から34人に大幅削減され... 詳細を見る

五台山の環境整備に一役

森林ボランテイア活動で整備を進める

竹林寺の森林整備も実施

 高知市の名所のひとつである五台山を整備して欲しいと管理をしている土木事務所から森林ボランテイアに声がかかったことを受け、1月16日に約40名ほどが参加して作業をしました。
 五台山のテレビ塔付近に集まった森林ボランテイアのメンバーは、まず作業の説明を受け桜の苗木50本を植え、標柱を立てた後、枯れ松1本切り倒し、焼却処分のため搬出も行いました。
 また、五台山にある竹林寺の住職さんからは「裏山... 詳細を見る

鏡川早朝ウオーキングを定例化へ

鏡川ファンクラブが新たな企画

2011年1月9日

今後、観光客にも参加呼びかけ

 鏡川が高知市の中心部を貫流する河川であり、平成の名水百選にも選ばれたことを受け、さらに近年のウオーキングブームもあって、鏡川ファンクラブが早朝ウオーキングを立ち上げました。
 1月9日に緑の広場に参集した市民たちは、高知市観光協会の松尾徹人会長の挨拶や明神環境部長らの挨拶を受けた後、月の瀬橋までの往復約3kmの行程を1時間ほどかけて散策しました。
 所々にある史跡では、観光ガイドが説明するな... 詳細を見る

山の神に安全祈願して初仕事

こうち森林救援隊が2011年の始動

2011年1月8日

森林の間伐や木工で貢献

 こうち森林救援隊(隊長 田鍋俊六)は、1月8日に2011年の初仕事を行った。まず鏡庁舎に付属する中山間地域構造改善センターに集結した隊員たちは、簡単な早朝の説明を受け、今井地区の民有林に入った。
 ここでスギの切り株に供物をささげ、山の神に今年1年の安全を祈願してから作業に入り、間伐班はチェーンソーでスギを切り、搬出班はワイヤーを張っての集材作業に取り組みました。
 寒い日であったが隊員たち... 詳細を見る