HOME > 活動報告一覧 > 高知市有林の整備に汗をかく

川村貞夫の活動報告Report

高知市有林の整備に汗をかく

こうち森林ボランテイア

土佐山運動広場付近で活躍

朝礼で中川隊長の作業内容を聞く隊員たち

 こうち森林救援隊(隊長:中川睦雄)は、毎月例会を持って高知市の所有する鏡川源流域の森林整備に汗を流していますが、最近は土佐山運動広場の南側に開ける市有林を舞台にしています。

 TOTOの水環境基金の支援をいただきながら取り組んでいる森林整備の活動は、間伐や植樹、材の搬出や切った材を架橋に使うなど、様々な活動に汗を流しながら取り組んでいます。

 高知市が保有する森林がボランテイア活動によって整備されることは、財政の窮屈な高知市にとってありがたいものになっています。

 さらに、この場所は運動公園の一角であるところから、将来林内を散策できるように変貌することで、多くの市民が利用できるようになるものと思われます。

 今春、子供達の手によって林内に植樹されたモミジやドングリは梅雨時期に元気に成長しています。
架橋班は間伐材を使って立派な橋を架けました
架橋班は間伐材を使って立派な橋を架けました
TOTOのCSR活動資金(TOTO水環境基金)を使っての森林整備であるところから
TOTOのCSR活動資金(TOTO水環境基金)を使っての森林整備であるところから
子供の願いがドングリの成長を促します。
子供の願いがドングリの成長を促します。
一覧ページに戻る