HOME > 活動報告一覧 > 森を守る。だから・・・

川村貞夫の活動報告Report

森を守る。だから・・・

川村貞夫が後援会活動を展開中

合併後初の全市一区での選挙に挑戦

後援会事務所前で写真に収まる川村貞夫市議

 今年の統一地方選挙は、前半の県議会議員選挙が4月1日公示、10日投開票、後半の市議会議員選挙が4月17日公示、24日の投開票の予定ですすんでいます。
 今回は高知市が旧鏡村や旧土佐山村、さらに旧春野町との合併後それぞれの旧自治体で特例措置によって、増員選挙で選ばれた議員がいましたが、この特例もなくなり、全市一区での初めての選挙戦となります。
 さらに、議員定数が44人から34人に大幅削減されたことで、大変に厳しいものとなります。
 川村貞夫も「中山間地域の火を消すな。」という声に応えるべくキャッチフレーズも「森を守る。だから・・・」として、後援会事務所を開き臨戦態勢を築いています。環境問題を重視した議会活動を展開していることが、市民にどのように理解され、賛同を得ることができるかが勝敗の分かれ目だとして、連日後援会活動に汗を流しています。 
森を守ることが川村市議に課せられた課題です。
森を守ることが川村市議に課せられた課題です。
多くの市民に環境への理解と賛同を得るために後援会活動にも熱が入ります。
多くの市民に環境への理解と賛同を得るために後援会活動にも熱が入ります。
一覧ページに戻る