HOME > 暴力団排除条例の効果発揮を

川村貞夫の活動報告Report

暴力団排除条例の効果発揮を

暴力追放高知・県市民集会が開かれる

2011年10月21日

民暴弁護士の疋田氏が講演

暴力追放はどんな些細なことでも徹しなければなりません。

 第10回目を迎えた暴力追放高知・県市民総決起集会が10月21日に高新RKCホールで開かれた。あいにくの雨の中でしたが、多くの県民、市民が集い暴力追放の大合唱となった。
 主催者代表の挨拶に引き続き、宿毛地区みかじめ料等縁切り同盟の代表に団体表彰が、江ノ口暴力追放推進協議会の岡村会長ら4人に個人表彰がありました。
 特別講演として民暴弁護士の疋田淳弁護士から「社会的包囲網による暴力団の壊滅をめざして」と題する講演がありましたが、疋田弁護士のわかりやすい講演内容に参加した地域の推進委員らは納得の表情で聞き入りました。
 集会の最後には、暴力追放の大会宣言があり、暴力団を恐れない、暴力団に金を出さない、暴力団を利用しないの3ない運動への取組みをめざすことを確認し合いました。
暴力追放で功績のあった4人に対する個人表彰がありました。
暴力追放で功績のあった4人に対する個人表彰がありました。
民暴弁護士として名高い疋田淳弁護士の講演は、わかりやすく好評でした。
民暴弁護士として名高い疋田淳弁護士の講演は、わかりやすく好評でした。
暴力追放の大会宣言は受賞者のひとり、岡村康良さんが朗読し、拍手で採択されました。
暴力追放の大会宣言は受賞者のひとり、岡村康良さんが朗読し、拍手で採択されました。
一覧ページに戻る