HOME > 龍馬ファンは世界に広がり、手を結ぶ

川村貞夫の活動報告Report

龍馬ファンは世界に広がり、手を結ぶ

第23回全国龍馬ファンの集い

2011年10月22日

ロスアンゼルスからも参列

全国龍馬ファンの集には、各県各地域のファンが詰め掛けます。

 第23回全国龍馬ファンの集いは10月22日、県民文化ホールで開催され、今年は海外からの参加者もあって大変な盛り上がりを見せた。
 龍馬伝の効果もあって、今や龍馬ファンは日本各地で龍馬会を結成している。特異なものに、ロスアンゼルス、台湾、韓国など今やグローバルに広がっている。台湾の前総統の李登輝さんも熱烈な龍馬ファンで、来日したときには龍馬記念館をも訪れている。
 集会では橋本邦健会長の開催の挨拶、岡崎市長の歓迎の挨拶があった後、龍馬縁の地から京都の材木問屋や下関龍馬会に地元の岡崎市長も参加してシンポジュウムが開かれ、龍馬の魅力を大いに語り合いました。
 次回の開催地は下関に決まり、龍馬ファンの再会を約束するなど、広がりと共に、絆が深い関係にあることが窺えました。
 集会に引き続いて行われた交流会でも、日本各地の龍馬ファンが時の過ぎるのを忘れて、龍馬の夢を熱く語っていました。
橋本会長は龍馬記念館の建設に至る思い出を講演会で語ってくれました。
橋本会長は龍馬記念館の建設に至る思い出を講演会で語ってくれました。
龍馬縁の地の長崎、下関、京都の代表と岡崎高知市長が参加してのシンポジュウムです。
龍馬縁の地の長崎、下関、京都の代表と岡崎高知市長が参加してのシンポジュウムです。
次期開催地は下関に決まりました。
次期開催地は下関に決まりました。
おもてなし隊の舞台パフォーマンスは、高揚感を一段と高めました。
おもてなし隊の舞台パフォーマンスは、高揚感を一段と高めました。
一覧ページに戻る