HOME > ソフトバンクの育成選手として飯田捕手

川村貞夫の活動報告Report

ソフトバンクの育成選手として飯田捕手

ファイテイングドッグスのファン感謝の集い

2011年11月4日

4位からの巻き返しを誓う

多くの県民市民がファイテイングドッグスを支援することで、おらんく球団に成長する。

 四国アイランドリーグプラスで活躍しているおらんく球団のファイテイングドッグスは、2011年の前期、後期共に4位と振るわなかったが、ファン層は確実に増えている。そのファンが集っての感謝の集いが11月4日に行われた。
 今年の喜びは何といっても、プロ球団のソフトバンクから指名を受けた選手が出たことである。捕手の飯田選手が育成選手として指名を受けたのである。開会式に先立って入団記者発表があった。球団関係者は大いに喜んでいる。もちろん定岡監督が一番喜んでいた。ホームラン王や盗塁王の2選手もいるファイテイングドッグスであるが、やはり上を目指してもらいたいものです。
 小中学生のチアリーダーも奮闘しているし、ファンクラブも徐々に広がっているし、インフラとしては高知球場に夜間照明も建設中であり、何かにつけて追い風となっているのである。佐川町や越知町もホームタウンとしての実績も上がってきており、これからが躍進の胸突き八丁となるのである。
 
レセプションに先立ち飯田捕手のソフトバンク入りが発表されました。
レセプションに先立ち飯田捕手のソフトバンク入りが発表されました。
日本トリムの森沢社長の多大なご支援がなければ、球団の存続は相当難しい。
日本トリムの森沢社長の多大なご支援がなければ、球団の存続は相当難しい。
やはりプロの選手を多く輩出するようになりたいものです。
やはりプロの選手を多く輩出するようになりたいものです。
チアリーダーも増員され、徐々に充実してきています。
チアリーダーも増員され、徐々に充実してきています。
一覧ページに戻る