HOME > 尾崎正直さんが高知県知事に再選

川村貞夫の活動報告Report

尾崎正直さんが高知県知事に再選

無投票で決まる

2011年11月10日

県政史上初めて、当然と歓迎

多くの聴衆を前に、2期目の決意を力強く訴える尾崎正直氏。

 任期満了に伴う高知県知事選挙は、11月10日告示、27日投票の予定であったが、立候補者は現知事の尾崎正直さんだけで、知事選挙では異例の無投票で再選が決まった。
 尾崎陣営の出陣式は10日の午前9時から高知市中央公園で行われ、市民や県民が多数参列して行われました。出陣に望む尾崎知事は、いつも以上にハイテンションの立候補の挨拶をしました。
 産業振興計画や教育改革や長寿県構想など日頃たゆまず、緩まず訴えていることを一段と力を入れての挨拶となった。メリハリが利き、内容が伴った立派な演説であった。対抗する候補がいないことは、ある面、民主主義における選挙という大事な手続きが見られなくなることで、残念がる県民もいますが、「当然だ」とする声が圧倒的に高いのが実情である。
 一方、高知市長選挙は共産党が対抗馬を立てようとしていることから、20日告示、27日投票となる予定です。
報道陣も無投票を早くから予想しており、集中しての取材となりました。
報道陣も無投票を早くから予想しており、集中しての取材となりました。
心配された雨も降らず、多くの県民が出陣式に顔をそろえました。
心配された雨も降らず、多くの県民が出陣式に顔をそろえました。
幼友達の代表は宮地電機の社長さんです。尾崎君と呼べるのは親友の特権です。
幼友達の代表は宮地電機の社長さんです。尾崎君と呼べるのは親友の特権です。
多くの聴衆も無投票を歓迎しているようでした。
多くの聴衆も無投票を歓迎しているようでした。
一覧ページに戻る