HOME > 雪光山新春健康登山

川村貞夫の活動報告Report

雪光山新春健康登山

山頂いっぱいの32名が歓声

2012年1月3日

年々登山者が増えてきた

30人を超す登山者で山頂は満杯となりました。穏やかな新春の健康登山です。

 鏡夢探検センター(代表 麻田正博)が毎年新年早々に市民の森雪光山(標高926m)への登山を実施してきていますが、平成24年は1月3日に行われました。
 吉原公民館に集合した32名の参加者は、麻田会長の挨拶の後、片道2km程を2時間近くかけて登りました。
 途中では休憩を取る中で、川村市議が森のことや動物のこと、民俗文化のことなど解説しながらの登山となりました。雪光山は標高はそれほど高くないが、「しんどい坂」と呼ばれるような急な坂道もあり、新春の健康登山としてはバロメータとなる山です。
 今年は穏やかな天候で、風もなく、山頂は過ごしやすい気候条件でした。江戸時代に伊能忠敬が土佐藩士を使って測量をしたという事実もある、見晴らしのよい景色に歓声を上げていました。
かがみ夢探検センターの麻田会長の新年の挨拶を聞く参加者たち。
かがみ夢探検センターの麻田会長の新年の挨拶を聞く参加者たち。
山頂で記念写真に収まる川村市議と参加の女性登山者。
山頂で記念写真に収まる川村市議と参加の女性登山者。
林内では森林環境学習もしながらの登山となりました。
林内では森林環境学習もしながらの登山となりました。
一覧ページに戻る