HOME > 高知球場でナイター施設の杮落とし

川村貞夫の活動報告Report

高知球場でナイター施設の杮落とし

四国銀行とファイテイングドックスが対戦

2012年3月10日

3,000人近い観客が参集

 高知県と高知市の連携した行政が注目される中で、県費で建設された高知球場の夜間照明の杮落とし(こけらおとし)が3月10日に行われた。
 式典の後、初ナイターとして社会人チームの四国銀行と郷土の球団として四国アイランドプラスのファイテイングドックスの試合が行われました。
 まだ、夜は寒気が迫り相当寒かったのですが、1類側にはFDが3塁側には四国銀行が陣取り、応援も鳴り物入りで、賑やかに行われ、3,000人近くの観客は、一足早いナイターを堪能しました。
 
今年の夏はナイターを楽しむ人が増えるでしょう。
今年の夏はナイターを楽しむ人が増えるでしょう。
外野の芝生が緑に萌え、夏場にかけてより一層きれいになることでしょう。
外野の芝生が緑に萌え、夏場にかけてより一層きれいになることでしょう。
国内でナイター施設を持たない高知県でしたが、これでようやく全国の仲間入りです。
国内でナイター施設を持たない高知県でしたが、これでようやく全国の仲間入りです。
一覧ページに戻る