HOME > 鏡湖公園で桜まつり

川村貞夫の活動報告Report

鏡湖公園で桜まつり

音楽演奏が終日会場をにぎわかす

2012年4月7日 ~ 8日

晴天に恵まれた2日間

鏡ダムの右岸下流部に造られた土佐鏡湖公園の桜を見に来る人は多くいます。

 鏡地区には桜の名所として狭いながら、鏡ダムの下流部に県が設置した土佐鏡湖公園の桜が有名。鏡ダムは昭和42年に完成したが、完成時にソメイヨシノを植栽し、その後に公園が完成した。
 樹齢は80年近く経ったことで、天狗巣病も発症してきていたが、平成18年に桜ライオンズクラブの支援でこの治療も済ませ、少し元気が出てきている。
 桜まつりの実行委員会(委員長 和田満代)が毎年開催しているもの、今年は4月7日、8日の二日間開かれた。土曜日は寒かったが、日曜は暖かく、多くの市民で賑わった。マイケルカーンの司会で進められた、音楽演奏や歌声は終日さまざまな奏者が登場し、多彩な音楽を楽しむことができました。
出店も太鼓マン、ツガニソーメン、フランクフルト、焼き鳥、うどん、どぶろくと豊富。
出店も太鼓マン、ツガニソーメン、フランクフルト、焼き鳥、うどん、どぶろくと豊富。
鏡中学校のグランドには車を止め、出店が並び、歌声が聞こえました。
鏡中学校のグランドには車を止め、出店が並び、歌声が聞こえました。
寒かった冬から春に変わる頃に桜はパッと咲き、さっと散って行きます。
寒かった冬から春に変わる頃に桜はパッと咲き、さっと散って行きます。
山菜のテンプラも登場し、春の味覚も味わえました。
山菜のテンプラも登場し、春の味覚も味わえました。
一覧ページに戻る