HOME > 吉原ふれあいの里でアジサイの植樹

川村貞夫の活動報告Report

吉原ふれあいの里でアジサイの植樹

第7回四国銀行絆の森交流会

2013年10月19日

竹細工教室も開催

80人ほどの参加者で開催された、四国銀行絆の森交流会(開会式)

 第7回四国銀行絆の森交流会は、10月19日(土)鏡吉原公民館を会場に開催されました。招待された朝倉小学校の児童に四国銀行の行員や家族、友好団体として活動している「こうち森林救援隊」員も加わり、総勢80人程が、市民森雪光山の東裾野に位置する吉原ふれあいの里に集い、植樹や工作に取り組みました。
 開会式の後、記念植樹として3mほどに成長した「枝垂桜」1本を野村頭取、岡崎市長、子どもの代表がキャンプ場に植え、記念の標柱も建てました。その後は、参加者全員が河川近くや公民館の庭にアジサイ150本を手際よく植えました。
 今年の竹細工は「金ちゃん工房」正岡金四郎さんを招き、セミの声やカエルのストラップ作りに挑戦しました。野村頭取をはじめ役員の方々も童心に返って、一心不乱に手作りに励みました。子どもたちも自身が作ったおもちゃに満足の表情でした。
 その後は、地元の女性たちが作った山菜料理で昼食を摂りましたが、日頃は食べられないムカゴご飯やくりごはん、秋の味覚満載の山菜料理に舌鼓を打っていました。
記念植樹はキャンプ場に枝垂桜を児童の代表や野村頭取、岡崎市長が植えました。
記念植樹はキャンプ場に枝垂桜を児童の代表や野村頭取、岡崎市長が植えました。
昼食は地元のふれあいグループの手づくりで、秋の味覚満載の料理の数々でした。
昼食は地元のふれあいグループの手づくりで、秋の味覚満載の料理の数々でした。
吉原川は鏡川の第一の支流。ホタルも棲む川の傍にアジサイを植え、産卵場所となります
吉原川は鏡川の第一の支流。ホタルも棲む川の傍にアジサイを植え、産卵場所となります
金ちゃん工房の正岡金四郎さんが竹細工や木工の指導をしてくれました。
金ちゃん工房の正岡金四郎さんが竹細工や木工の指導をしてくれました。
一覧ページに戻る