HOME > 医療センター10周年記念式典

川村貞夫の活動報告Report

医療センター10周年記念式典

ボランテイア活動に感謝状

2015年5月31日

高知県・市病院企業団

 高知県民病院と高知市民病院が一緒になってできた統合病院「高知医療センター」が開院10周年となったため、関係者が集いあって、5月31日に記念式を行った。2つの病院が統合されたことで、高度医療のより充実され、周産期医療にも力を発揮している。ドクターヘリも独自に運行されるなど、県内各町村をカバーできる働きを見せている。
 記念式典では、吉川病院長のあいさつの後、会員当時から患者や来院者を和ませてきたサツキやフジの盆栽などを栽培し飾り付けてきたボランテイアの方々や、来院家族の宿泊を手助けしてきたドナルド・マクドナルド・ハウスこうちの団体等に感謝状が贈られました。
 尾崎知事、岡崎市長、吉川病院長の3人はそろって梅の木を植樹し、ボランテイアの方々もそろって記念植樹をしました。
開院当時からボランテイアで環境整備をしている皆さんの記念植樹です。
開院当時からボランテイアで環境整備をしている皆さんの記念植樹です。
吉川病院長から、ボランテイアに対して労いの言葉がありました。
吉川病院長から、ボランテイアに対して労いの言葉がありました。
病院内にはボランテイアの専用の事務所があり、持ちつ持たれつです。
病院内にはボランテイアの専用の事務所があり、持ちつ持たれつです。
妊婦や小児病棟などに入院している家族が宿泊する施設には、善意の寄付の品々が多く寄せられています。
妊婦や小児病棟などに入院している家族が宿泊する施設には、善意の寄付の品々が多く寄せられています。
一覧ページに戻る