HOME > 鏡川漁業協同組合の平成28年度総代会開かれる

川村貞夫の活動報告Report

鏡川漁業協同組合の平成28年度総代会開かれる

放流から天然遡上への転換期

総代らが活発に意見交換

鏡川漁協の総代会が開かれ、高橋組合長が提案理由を説明し、原案を承認してもらいました。

内水面センターからアユの専門家を招いて、放流のアユと高知の地元のアユとの遺伝子までの違いを学習する研修会も並行して開かれました。
内水面センターからアユの専門家を招いて、放流のアユと高知の地元のアユとの遺伝子までの違いを学習する研修会も並行して開かれました。
協議に加わることができる人は、組合の組織から選出された上流、中流、下流域の総代のみです。
協議に加わることができる人は、組合の組織から選出された上流、中流、下流域の総代のみです。
10名の理事は、3つの専門委員会(資源保護、環境整備、指導)に分かれて、鏡川の魚族の保護と共に、環境や漁法等について見守りもしていきます。
10名の理事は、3つの専門委員会(資源保護、環境整備、指導)に分かれて、鏡川の魚族の保護と共に、環境や漁法等について見守りもしていきます。
一覧ページに戻る